Institute of Innovative Research, 
Tokyo Institute of Technology.

Industrial Collaboration

産業界との研究協力

科学技術創成研究院では、産業界との研究協力を通して、時代に適応した新たな産業技術を創成し、豊かな未来社会の実現に貢献したいと願っております。現在、以下のような研究協力が行われています。

  • 企業が抱えている様々な問題や課題を、原理・原則にに立ち戻って解決する”ニーズ研究”
  • 将来のビジネスの種を、長期的な視野に立って提案・提供する”シーズ研究”
  • 業界内の複数の企業が抱える、非競争領域の共通課題に取り組む”アライアンス研究”
  • 業界・業種を越え、幅広い分野の企業が大学を核として取り組む異分野融合の”コラボレーション研究”

各種制度

具体的な研究協力の方法として、本学では以下のような制度が用意されています。また、企業等が大学との共同研究のために支出した研究費の一定割合が、法人税や所得税から控除される税制上の優遇措置があります。詳細は各リンク先をご覧ください。

学術指導

企業が抱えている様々な問題・課題の明確化と解決のため、現状を分析し、研究・開発の進め方についての指導(学術指導)を行います。明確化された研究テーマについて、共同研究制度へ移行することも可能です。

Details

共同研究制度

企業の研究者と本学教員とが、”ニーズ研究”、”シーズ研究”に関する共通のテーマについて、対等の立場で行う個別の研究です。

Details

共同研究講座

企業が抱える本質的、複合的、長期的な問題や課題を解決するため、企業からの研究資金で大学内に研究組織を設置することが可能です。企業と大学との協議の下、学内外(企業、その他研究機関を含む)の特任教員を2名以上おき、一定期間(2年以上)継続的な共同研究を行います。企業と本学がそれぞれの施設で分担して研究を行うことや、ポスドク等の雇用も可能です。現在、科学技術創成研究院に設置されている共同研究講座の例を、共同研究講座一覧よりご覧いただけます。

Details

お問い合わせ

関心をお持ちの企業ご担当者様は、下記メールアドレスよりご相談ください。
リサーチマップ科学技術創成研究院で行われている研究の例です。

科学技術創成研究院 リサーチマネジメントオフィス
iir.ura@rmo.iir.titech.ac.jp