組織構成

» – 研究ユニット
- 研究ユニット

グローバル水素エネルギー研究ユニット

(リーダー:岡崎健特命教授)
グローバルな水素サプライチェーンや国内の水素との連携を含めて,水素社会のありかたを根本から議論し,新たな価値の創出,システム設計,システム成立のボトルネック課題の解決,社会実装に関する研究を産官学が一体となって推進します.
icon_siteグローバル水素エネルギー研究ユニットのサイトへ

ビッグデータ数理科学研究ユニット

(リーダー:高安美佐子准教授)
ビッグデータを活用することによって,社会が直面している様々な問題を解決することが求められています.本研究ユニットでは,各種ビッグデータを融合的に利用し,先端的データ解析・多層時空間モデリング・大規模シミュレーションによって,諸問題を科学的に解決します.
icon_siteビッグデータ数理科学研究ユニットのサイトへ

スマート創薬研究ユニット

(リーダー:関嶋政和准教授)
分子シミュレーション,バイオインフォマティクス,TSUBAMEによる大規模GPU計算といった東工大の強みを結集し,生化学実験とIT支援技術を融合したスマート創薬を通じて,産業界と連携するオープンなアカデミア創薬の実現を目指します.
icon_siteスマート創薬研究ユニットのサイトへ

ハイブリッドマテリアル研究ユニット

(リーダー:山元公寿教授)
マテリアルハイブリッドユニットでは我々が独自に開発した樹状高分子を利用した精密金属原子集積法を確立します.未開拓の物質群であるサブナノサイズで原子数の制御されたサブナノ金属粒子および,異なる複数の元素を原子単位で精密に配合したサブナノヘテロ金属粒子を創製し,次世代機能材料の礎となる新分野を切り拓く事を目指します.
icon_siteハイブリッドマテリアル研究ユニットのサイトへ

バイオインタフェース研究ユニット

(リーダー:小池康晴教授)
豊かで快適な超高齢社会を実現する科学技術創成のため,国内外の異分野の研究者がグループで最先端医療・健康系研究開発を実施できる柔軟な組織体制を研究ユニットとして構築し,東工大が世界に誇れる理工系ならではの医療・健康系研究拠点を形成します.

革新固体触媒研究ユニット

(リーダー:原亨和教授)
これまで様々な触媒が開発され,我々の生活に必要不可欠な化学資源が生産されてきました.時間と共にその性能は改良されてきたが,単なる改良では解決できない問題が数多く残されています.これらの問題に真っ向から取り組むために未踏領域を冒険することが,原プロジェクトのミッションです.

原子燃料サイクル研究ユニット

(リーダー:竹下健二教授)
原子燃料サイクル研究ユニットは,安全かつローエミッションな環境保全型原子燃料サイクル及び核廃棄物処理・処分技術を確立し,地球温暖化の抑制,わが国の将来のエネルギーセキュリティ確保及び福島第一原発の廃止措置の早期達成に貢献することを目的とします.
icon_site原子燃料サイクル研究ユニットのサイトへ

クリーン環境研究ユニット

(リーダー:藤井正明教授)
クリーン環境プロジェクトでは,安全で安心できる社会の実現に向けた環境リスク評価手法を開発しています.燃焼排ガスや越境汚染を含む環境微粒子を対象にリスク低減に役立つ先進的計測・評価技術を開発しています.

ナノ空間触媒研究ユニット

(リーダー:横井俊之助教)
ナノ空間材料とはゼオライト、メソポーラス材料のように、ナノスケールの空間を有する材料です。横井ユニットでは、ナノ空間構造の自在制御、機能化を達成し、地球上に存在する多様な炭素資源を有用化学品に変換可能な革新的な「ナノ空間触媒」の創製、ならびに触媒プロセスの開発を目指し、資源の有効利用と化学品製造プロセスのグリーン化に貢献します。

PAGETOP
Copyright © Institute of Innovative Research, Tokyo Institute of Technology All Rights Reserved.