• 開催日時:  2019年2月20日(水)
          13:15~16:45(受付開始12:45~)
  • 開催場所:  東工大蔵前会館 ロイヤルブルーホール
  • お申し込み: 登録は締め切りました
  • 参加費: 講演会 無料
         技術交流会 2,000円(17:00~18:45)
  • 参加人数: 90名
  • 開催内容

    高温,高圧,海底,高線量,強電界,強磁場など,従来のセンサでは壊れてしまったり動作できない環境を「極限環境」と定義し,そのような環境下で利用可能なセンシング技術,そのような場所にセンサを設置する技術,また,そのような環境での現象解析技術を広く議論するためのシンポジウムを開催しました。このような極限環境センシング技術は,深層掘削,海底観測・開発,地熱発電,高放射線設備などにおいて,今後ますます必要とされると考えられます。
    その開発のためには分野横断の総合研究領域の構築が必要であり,産学官で広く議論し知恵を出し合うプラットフォームとして,本シンポジウムが機能することをめざしております。今回は,その第1回として、主に廃炉などの高放射線環境下を中心に,センシングデバイス,センサ設置ロボット技術,予知保全について,6つの講演から成るプログラムとしました。想定を上回る90名近い参加者を得て,盛況なシンポジウムとなりました。参加者の内訳は、産74%、官9%、学17%でした。講演会の後の技術交換会にも50名程度が参加し、活発な意見交換が行われました。

    icon_site詳細はこちらをご覧ください。

    問合せ先:
    未来産業技術研究所
    中村研究室(電子機能システム研究コア)
    eest20190220sonic.pi.titech.ac.jp