プレスリリース

プレスリリース
プレスリリース
2018/11/6
藻類のデンプン産出を自在にコントロール

環境に優しいプラスチックや医薬品の増産に期待 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所のイムラン・パンチャ日本学術振興会 外国人特別研究員(研究当時)、田中寛教授、今村壮輔准教授の研究グループは、東北大学 大 ...

2018/11/1
ナノグラフェンを水に溶かして分子膜作製に成功

次世代材料ナノグラフェン研究に新たな扉 熊本大学 大学院先端科学研究部の吉本惣一郎准教授と東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の吉沢道人准教授らの研究グループは、ミセル型カプセルを利用した難溶性のナノグラ ...

2018/10/25
アモルファス高分子の高次構造形成や粘度上昇をもたらす分子ユニット

わずか数%で高分子物性が劇的に変化 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の石割文崇助教、福島孝典教授らの研究グループは、同物質理工学院 応用化学系の戸木田雅利准教授、東北大学 多元物質科学研究所 高田昌樹 ...

2018/10/17
相同組換えのDNA鎖交換反応開始の分子機構を解明

Swi5-Sfr1によるRad51のDNA結合制御 東京工業大学 科学技術創成研究院の岩﨑博史教授、伊藤健太郎研究員、黒川裕美子研究員、国立台湾大学の李弘文教授(Pro. Hung-Wen Li)、台湾国立中央研究院の冀 ...

2018/10/17
ナノカプセルを貫く分子のひもを発見

混ぜるだけで組み上がる 新たな貫通型ナノ構造体 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の山科雅裕博士研究員、草葉竣介大学院生(修士課程2年)、吉沢道人准教授らは、ひも状分子のオリゴエチレンオキシドが、ナノカ ...

2018/9/26
多元合金ナノ粒子の新たな合成手法を開発

不可能だった5種類を超える元素のハイブリッド化を実現 東京工業大学 科学技術創成研究院の塚本孝政特任助教、山元公寿教授、神戸徹也助教、今岡享稔准教授、および理化学研究所の中尾愛子専任研究員らの研究グループは、極微小なナノ ...

2018/9/25
原子の対称性を超えるナノ物質を発見

次世代電子材料・磁性材料を生み出す新たな指針 東京工業大学 科学技術創成研究院の春田直毅特任助教、塚本孝政特任助教、山元公寿教授、葛目陽義特任准教授、神戸徹也助教らの研究グループは、コンピューターシミュレーションを用いた ...

2018/9/20
有害元素フリーの高効率青色発光体を実現

LEDをマイルドな製造環境で作製可能に 低消費電力で高輝度に光る発光ダイオード(LED)は、ディスプレイや照明などの光源として大きなニーズがあります。また、大面積で発光するデバイスとしては、発光層に有機分子を用い、適当な ...

2018/9/7
超新星爆発ニュートリノで宇宙核時計テクネチウム98が生成されることを予言

ニュートリノ天体観測及び始原的隕石の分析による検証が期待される 量子科学技術研究開発機構(理事長 平野俊夫)の早川岳人上席研究員、国立天文台の梶野敏貴准教授、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構の野本憲一上級 ...

2018/8/29
高感度な酸素センサータンパク質を開発

生体内の酸素状態を簡便にモニタリング 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の野亦次郎助教と久堀徹教授は、蛍光タンパク質をベースとした新規酸素センサータンパク質「ANA (anaerobic/aerobic ...

2018/8/23
安定かつ高伝導度の単分子ワイヤーを開発

金属錯体の導入で実現、分子エレクトロニクスへ道 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の田中裕也助教、加藤佑弥大学院生(当時)、穐田宗隆教授、元素戦略研究センターの多田朋史准教授、理学院 化学系の藤井慎太郎 ...

2018/8/21
オイル生産性が飛躍的に向上したスーパー藻類を作出

バイオ燃料生産における最大の壁を打破 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の福田智大学院生(研究当時)、平澤英里大学院生(研究当時)、今村壮輔准教授らの研究グループは、藻類で“オイル生産”と“細胞増殖”を ...

2018/8/21
協奏的動きがもたらす多価イオン拡散の促進現象を発見

リチウムイオン蓄電池よりも性能の高い次世代蓄電池の開発促進に期待 東北大学金属材料研究所(金研)は、東京工業大学と共同で、一価イオンのLi+と多価イオンであるMg2+の相互作用により、通常は遅い正極中での多価イオン拡散( ...

2018/8/16
植物はどのようにして眠るのか

植物が夜に光合成の酵素を眠らせるしくみを解明 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の吉田啓亮助教と久堀徹教授らの研究チームは、植物が夜間に光合成に関わる酵素をオフにするしくみを解明した。朝になって植物が光 ...

2018/8/9
ポリマー化技術により肝臓がん幹細胞の標的化を実現

ポリマー化技術により肝臓がん幹細胞の標的化を実現 大阪大学 大学院医学系研究科の俊山礼志 大学院生(卒業生)、今野雅允 寄附講座講師(先進癌薬物療法開発学寄附講座)、石井秀始 特任教授(常勤)(疾患データサイエンス学共同 ...

2018/8/3
迅速・高収率でアミノ酸N-カルボキシ無水物を合成

マイクロフロー合成で0.1秒以内にpHをスイッチ 東京工業大学 生命理工学院の小竹佑磨大学院生(博士後期課程2年)、科学技術創成研究院の中村浩之教授、布施新一郎准教授は、不安定なアミノ酸N-カルボキシ無水物(NCA)を迅 ...

2018/7/25
生命活動の燃料「ATP」を観察する3色の蛍光センサーの開発に成功

がんや肥満の創薬開発への貢献に期待 日本、シンガポール、アメリカの国際共同研究 早稲田大学 理工学術院の新井敏研究院講師と東京工業大学 科学技術創成研究院の北口哲也准教授(論文投稿当時、早稲田大学 重点領域研究機構研究院 ...

2018/7/18
サイズアップで光触媒の性能向上

表面構造を主流だったナノメートルからマイクロメートルにするだけ 東京工業大学 科学技術創成研究院の長井圭治准教授、ファイルス・アーマド大学院生(マレーシア大学ペリルス校講師)、同大学分析部門の鈴木元也氏、弘前大学理工学研 ...

2018/7/17
硫黄化合物を低温・高効率で酸化する環境型触媒を開発

サルファーフリー燃料ほか有用物合成に威力 東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の原亨和教授、鎌田慶吾准教授と元素戦略研究センターの熊谷悠特任准教授、フロンティア材料研究所の大場史康教授らは、ルテニウム ...

2018/7/5
超短パルス光を用いてダイヤモンドの光学フォノン量子状態を制御(中村一隆准教授)

量子メモリー開発につながる成果 東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の中村一隆准教授らは、慶應義塾大学 大学院理工学研究科の鹿野豊特任准教授、自然科学研究機構 分子科学研究所の岡野泰彬技術職員と共同で ...

2018/7/3
副産物ほぼゼロの特異構造のナノ粒子触媒による有用物合成

様々な化成品の製造に革新もたらす新触媒 東京工業大学 科学技術創成研究院の原亨和教授、チャンドラ・デブラジ特任准教授らの研究グループは、「面心立方ルテニウムナノ粒子触媒(FCC–Ru)」により、工業的に有用な芳香族アミン ...

2018/7/3
指先につけるだけで非破壊検査できるデバイスを開発

カーボンナノチューブ膜によるテラヘルツ検査チップ 東京工業大学 科学技術創成研究院の河野行雄准教授、理化学研究所の鈴木大地博士(研究当時・東工大 河野研究室所属)、産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門の桒原有紀博士らは、 ...

2018/6/25
半導体の少数キャリア寿命を正確に測定する手法開発

シリコンパワーデバイスの製造プロセス評価が可能に 東京工業大学 工学院 電気電子系の角嶋邦之准教授と科学技術創成研究院 未来産業技術研究所の筒井一生教授らは、ストライプ状に形成したpn接合ダイオードの電流-電圧特性を測定 ...

2018/6/25
ありふれた元素で高性能な窒化物半導体を開発

安価な薄膜太陽電池開発につながる可能性 東京工業大学 科学技術創成研究院の細野秀雄教授(元素戦略研究センター長)、元素戦略研究センターの松崎功佑特任助教、科学技術創成研究院の大場史康教授、物質理工学院の原田航大学院生(博 ...

2018/6/15
温めると縮む材料の合成に成功(東 正樹 教授)

室温条件で最も体積が収縮する材料 東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の東正樹教授、山本孟大学院生(現:東北大学助教)、今井孝大学院生、神奈川県立産業技術総合研究所の酒井雄樹常勤研究員らの研究グループ ...

2018/6/12
分裂酵母の性(接合型)変換を制御する新たな遺伝子を発見

接合型変換制御にユークロマチンも関与か 東京工業大学 科学技術創成研究院の真木孝尚特任助教、岩崎博史教授、生命理工学院の小倉尚人大学院生(修士課程2年)、デンマーク・コペンハーゲン大学のジェネヴィーブ・トーン(Genev ...

2018/6/6
細胞のコラーゲン分泌機構の一部を解明

小胞体からの輸送に関わる脱ユビキチン化酵素がカギ 東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センターの駒田雅之教授、福嶋俊明助教、大学院 生命理工学研究科 生体システム専攻の川口紘平大学院生(博士後期課程3年・研 ...

2018/6/6
100ミリ秒以内に脳波から運動意図を高精度に推定する方法を考案

脳の予測機能を利用して、動きたい方向を読み取る新しい技術 国立研究開発法人 産業技術総合研究所(理事長 中鉢良治、以下「産総研」)とフランス国立科学研究センター(理事長 Antoine Petit、以下「CNRS」)が共 ...

2018/5/30
コバルトとパラジウムから成る薄膜界面にて磁化を膜垂直方向に揃える界面電子軌道の形が明らかに

スピン軌道工学に道 東京大学 大学院理学系研究科の岡林潤准教授、物質材料研究機構の三浦良雄独立研究者、東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所の宗片比呂夫教授による研究チームは、コバルト(Co)とパラジウム( ...

2018/5/28
ストレス顆粒の消失促す脱ユビキチン化酵素を発見

神経変性疾患の新たな治療法開発にヒント 東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センターの駒田雅之教授、福嶋俊明助教、生命理工学研究科 生体システム専攻の解玄(Xie Xuan)大学院生らの研究グループは、2つ ...

2018/5/15
分子ワイヤの長距離共鳴トンネル現象を室温で確認

分子共鳴トンネルトランジスタの実現に期待 東京工業大学 科学技術創成研究院/元素戦略研究センターの真島豊教授と東京大学 大学院理学系研究科の中村栄一特任教授、神奈川大学 理学部の辻勇人教授の研究グループは、室温(27℃) ...

2018/4/24
都市の活性度を道路網の構造によって評価

社会的、経済的な指標による分析よりも簡便な手法を開発 東京工業大学 科学技術創成研究院のペッター・ホルメ(Petter Holme)特任教授らは、都市と周辺の道路網の構造によって都市の活性度を評価する手法を開発した。幾何 ...

2018/4/10
金融市場トレーダーの行動法則をボルツマン方程式で解明

金融市場トレーダーの行動法則をボルツマン方程式で解明 東京工業大学 科学技術創成研究院 ビッグデータ数理科学研究ユニットの高安美佐子教授、高安秀樹特任教授、金澤輝代士助教、末重拓己大学院生(博士後期課程2年)は、ドル円市 ...

2018/4/5
AIを活用した金融市場解析の共同研究講座を開設

株式会社三菱UFJ銀行(取締役頭取執行役員 三毛兼承)と国立大学法人 東京工業大学(学長 益一哉)は、今般、「MUFG AI金融市場解析共同研究講座」を開設いたしました。 科学技術創成研究院 高安美佐子教授をリーダーとし ...

2018/3/26
アリのような動きをする六脚ロボットを制御(小池康晴教授)

アリのような動きをする六脚ロボットを制御 生物信号に基づいたバイオインターフェースで 東京工業大学 科学技術創成研究院 バイオインタフェース研究ユニットの小池康晴教授、吉村奈津江准教授、ルドビコ・ミナチ特任准教授(兼ポー ...

2018/3/22
全固体電池研究ユニットの紹介ビデオ公開

全固体電池研究ユニットの紹介ビデオが公開されました。 “All-solid-state batteries” video(英語版)

2018/3/12
“バイオプラスチック”を捕まえるナノカプセル(吉沢道人准教授)

“バイオプラスチック”を捕まえるナノカプセル 疎水性ナノ空間による親水性乳酸オリゴマーの捕捉に成功 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の草葉竣介大学院生(修士課程2年)、山科雅裕博士研究員、吉沢道人准教 ...

2018/2/21
溶媒蒸気の識別が可能な新しい分子集合体材料を作成(山元公寿教授、アルブレヒト建助教)

溶媒蒸気の識別が可能な新しい分子集合体材料を作成 取り込む分子に応じて蛍光が大きく変化する多孔性デンドリマー結晶 国立大学法人 筑波大学 数理物質系 山本洋平教授、西堀英治教授、数理物質科学研究科 大学院生 中嶋紗英(物 ...

2018/2/19
細胞質と葉緑体のリボソーム合成をリンクさせる新規シグナル伝達系を発見(今村壮輔准教授)

細胞質と葉緑体のリボソーム合成をリンクさせる新規シグナル伝達系を発見 植物の生長制御に新たな知見 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の今村壮輔准教授と田中寛教授らは、原始的な植物である紅藻「シゾン」では ...

2018/2/16
溶液塗布だけでできる透明p型アモルファス半導体を開発(細野秀雄教授、金正煥助教)

溶液塗布だけでできる透明p型アモルファス半導体を開発 東京工業大学 科学技術創成研究院の細野秀雄教授(元素戦略研究センター長)と元素戦略研究センターの金正煥助教らの研究グループは、これまで実現できなかった液相から合成でき ...

2018/1/31
低温で高効率にアンモニアを合成できる触媒を開発(細野秀雄教授・原亨和教授・北野政明准教授)

低温で高効率にアンモニアを合成できる触媒を開発 現行の工業用触媒に比べて3倍以上 科学技術創成研究院の細野秀雄教授(元素戦略研究センター長)と原亨和教授、元素戦略研究センターの北野政明准教授らは、バリウムを少量加えたカル ...

2018/1/25
貴金属を使わない高性能アンモニア合成触媒を開発(細野秀雄教授、多田朋史准教授、北野政明准教授)

貴金属を使わない高性能アンモニア合成触媒を開発 新しい窒素分子の活性化機構を示唆 JST戦略的創造研究推進事業において、東京工業大学 細野秀雄教授、多田朋史准教授、北野政明准教授らは、高エネルギー加速器研究機構(KEK) ...

2018/1/25
原子時計をスマートフォンに搭載できるくらいの超小型システムへ(伊藤浩之准教授)

原子時計をスマートフォンに搭載できるくらいの超小型システムへ 圧電薄膜の機械振動を利用し、チップ化に向けて大きく前進 国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田英幸)電磁波研究所 原基揚主任研究員等は、 ...

2018/1/19
姉妹染色分体間接着の形成機構を解明(岩崎博史教授)

姉妹染色分体間接着の形成機構を解明 コヒーシンはDNAの結束バンド!? 生命の設計図であるDNAは非常に長い“糸”で、細胞核の中で様々なタンパク質と結合し、染色体を形成しています。染色体は細胞が分裂する毎にコピーされ、分 ...

2018/1/19
ボルボックスの鞭毛が機能分化していることを発見(植木紀子研究員・若林憲一准教授)

ボルボックスの鞭毛が機能分化していることを発見 ボルボックスのゾンビ化実験で判明 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の植木紀子研究員(現・ニューヨーク市立大学ブルックリン校上級研究員・ロックフェラー大学 ...

2018/1/4
核分裂時の原子核形状を把握するモデルを開発(千葉敏教授・石塚知香子助教)

核分裂時の原子核形状を把握するモデルを開発 ―核変換システム高度化や核分裂メカニズムの全容解明に道― 東京工業大学 科学技術創成研究院 先導原子力研究所の石塚知香子助教、マーク・ デニス・ウサング博士課程学生、フェディエ ...

2017/12/25
半導体中の添加原子と周辺の3次元配列を観察(筒井一生教授)

半導体中の添加原子と周辺の3次元配列を観察 ―光電子ホログラフィーを用いた半導体素子評価技術を開発― 東京工業大学の筒井一生教授ら、および公益財団法人 高輝度光科学研究センター(JASRI)の松下智裕主席研究員、木下豊彦 ...

2017/12/25
遷移金属ダイカルコゲナイドで一般原理を発見(笹川崇男准教授)

遷移金属ダイカルコゲナイドで一般原理を発見 ―トポロジカル電子状態の設計・制御に新たな道― 理化学研究所 創発物性科学研究センター 創発計算物理研究ユニットのバハラミー・モハマド・サイード ユニットリーダー(東京大学 大 ...

2017/12/19
プラスチックに数層の分子配向膜を形成する手法の開発とその応用に成功(福島孝典教授、梶谷孝特任准教授)

プラスチックに数層の分子配向膜を形成する手法の開発とその応用に成功 ―基板を選ばず分子配向膜を形成できるため、フレキシブルエレクトロニクスへの応用に期待― JST戦略的創造研究推進事業の一環として、東京大学の横田知之講師 ...

2017/12/14
新しいメカニズムで発現する強誘電体を開発(伊藤満教授、片山司研究員、安井伸太郎助教)

新しいメカニズムで発現する強誘電体を開発 ―磁性も備え、室温動作マルチフェロイックス新展開へ― 東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の伊藤満教授と片山司研究員、安井伸太郎助教らは、東北大学 金属材料研 ...

2017/12/13
アルミニウム「超原子」の液相合成に成功(山元公寿教授、神戸徹也助教ら)

アルミニウム「超原子」の液相合成に成功 ―貴金属やレアメタル代替の新たな可能性拓く― 東京工業大学 科学技術創成研究院の山元公寿教授と神戸徹也助教らは、13個のアルミニウム原子で構成される「超原子」(Al13−)の溶液中 ...

2017/12/6
相同組換えのDNA鎖交換の素過程を世界で初めて解明(伊藤健太郎研究員、岩崎博史教授)

相同組換えのDNA鎖交換の素過程を世界で初めて解明 ―Rad51のDNA鎖交換反応は3ステップで進行する― 東京工業大学 科学技術創成研究院の伊藤健太郎研究員、岩崎博史教授、同生命理工学院のTakahashi Masay ...

2017/11/29
核分裂における原子核のさまざまな“ちぎれ方”を捉える(千葉敏教授)

核分裂における原子核のさまざまな“ちぎれ方”を捉える ―放射性物質の毒性低減に貢献― 国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構(理事長 児玉敏雄、以下「原子力機構」という。)先端基礎研究センターの廣瀬健太郎研究副主幹及び ...

2017/11/29
新たな発光材料の可能性を拓く「ナノコンポジット蛍光体」を開発(細野秀雄教授)

新たな発光材料の可能性を拓く「ナノコンポジット蛍光体」を開発 ―蛍光体探索の新たな道筋を示す― 株式会社小糸製作所(社長:三原弘志)は、東京工業大学(学長:三島良直)の細野秀雄教授の研究グループ、名古屋大学(総長:松尾清 ...

2017/11/20
ありふれた物質でテラヘルツ波を可視光に変換(細野秀雄教授、戸田喜丈特任講師)

ありふれた物質でテラヘルツ波を可視光に変換 ―ナノ空間に閉じ込められた酸素イオンを振動させて発光― 赤外線より波長の長い電磁波であるテラヘルツ波は、金属以外の物質を良く透過することから空港等のセキュリティー検査に応用され ...

2017/11/15
長寿命核分裂生成物を飛躍的に短寿命化する高速炉技術を利用した核変換システムを提案(千葉敏教授)

長寿命核分裂生成物を飛躍的に短寿命化する高速炉技術を利用した核変換システムを提案 ―発電とともに将来世代の負担軽減と核不拡散に貢献― 東京工業大学 科学技術創成研究院 先導原子力研究所の千葉敏教授と奥村森研究員、東北大学 ...

2017/11/14
大面積の分子配向を一段階で光パターン形成(宍戸厚 教授)

大面積の分子配向を一段階で光パターン形成 ―「動的光重合」技術を開発し多彩な配向パターンを実現 ― 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の宍戸厚教授、久野恭平大学院生、カナダ・マギル大学 化学科のChri ...

2017/10/18
スピンが偏った超伝導状態の検証に成功(笹川崇男准教授)

スピンが偏った超伝導状態の検証に成功 ―トポロジカル超伝導の実現へ向けて― 理化学研究所(理研) 創発物性科学研究センター 創発物性計測研究チームの岩谷克也上級研究員、花栗哲郎チームリーダー、東京工業大学 科学技術創成研 ...

2017/10/17
新しい不斉源「トポロジカルキラリティ」の機能を解明(石割文崇助教)

新しい不斉源「トポロジカルキラリティ」の機能を解明 ―医薬品開発などにも応用可能な優れた不斉源の開発に成功― 東京工業大学 物質理工学院 応用化学系の石割文崇助教(兼・同大学 科学技術創成研究院 助教)、高田十志和教授ら ...

2017/10/16
フロンティアサロン第7回永瀬賞特別賞を受賞(笹川崇男准教授)

笹川 崇男准教授が、フロンティアサロン第7回永瀬賞特別賞を受賞されました。 受賞理由は、「高温超伝導体」「トポロジカル絶縁体」「トポロジカル超伝導体」などの様々な物質を宝石に類する単結晶として合成することで、電子の隠れた ...

2017/9/27
数原子からなる白金クラスター触媒の大量合成に成功(今岡享稔准教授)

数原子からなる白金クラスター触媒の大量合成に成功 ―従来よりも1,000倍以上の効率で― 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の今岡享稔准教授、山元公寿教授らの研究グループは、原子数が明確な白金クラスター ...

2017/9/25
新野秀憲教授が平成29年度東京都功労者表彰(技術振興功労)を受賞

未来産業技術研究所 新野秀憲教授が、平成29年度東京都功労者表彰(技術振興功労)を受賞されました。 詳細は東京都プレスリリースをご覧ください。 未来産業技術研究所 新野秀憲教授

2017/9/7
“甘さ”を見分ける分子カプセル

“甘さ”を見分ける分子カプセル ―水中で糖分子 スクロースの選択的な包み込みに成功― 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の山科雅裕博士研究員と吉沢道人准教授らは、同グループが開発した分子カプセルが、水中 ...

2017/8/28
複数の金属からなる新たな電子化物を発見

複数の金属からなる新たな電子化物を発見 イオン結晶は、カチオン(陽イオン)とアニオン(陰イオン)が結びつき、構成されている。マイナスの電荷をもつ電子は、究極のアニオンと言える。電子がアニオンの役割を担う物質は電子化物(エ ...

2017/8/10
欲しいものだけを合成する新触媒

欲しいものだけを合成する新触媒 ―医農薬からバイオマスの高付加価値化まで― 東京工業大学 科学技術創成研究院の原亨和教授、鎌田慶吾准教授、喜多祐介助教らは「ルテニウム-酸化ニオブ複合体触媒」(Ru-Nb2O5)が他の触媒 ...

2017/8/2
3種の金属を1ナノメートルの粒子に合金化

3種の金属を1ナノメートルの粒子に合金化 ―炭化水素の酸化反応は市販触媒の24倍― 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の山元公寿教授と山梨大学大学院医工農学総合研究部の高橋正樹助教らの研究グループは、銅 ...

2017/8/1
スマート創薬手法で4個のヒット化合物を発見

スマート創薬手法で4個のヒット化合物を発見 ―顧みられない熱帯病(NTDs)制圧に期待― 東京工業大学 科学技術創成研究院 スマート創薬研究ユニットの関嶋政和ユニットリーダー/准教授、同大学 情報理工学院 情報工学系の秋 ...

2017/7/28
遺伝子撹拌装置をタイミング良く染色体から取り外す仕組み

遺伝子撹拌装置をタイミング良く染色体から取り外す仕組み ―減数分裂期に相同染色体間の遺伝情報交換を促す高次染色体構造の解体を指揮するシグナリングネットワークを特定― 私たちヒトを含む多くの真核生物では、父親と母親から受け ...

2017/7/7
複雑なピーナッツ型分子の作製に初成功

複雑なピーナッツ型分子の作製に初成功 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の吉沢道人准教授と山梨大学 工学部の矢崎晃平特任助教らは、ピーナッツの種と殻が作る複雑な立体構造である「コアシェル構造」を再現するため、新たに合 ...

2017/5/31
受精卵のエピゲノム編集に成功 細胞分化制御やDNA組換えを伴わない遺伝子治療などへの応用に期待

世界初!受精卵のエピゲノム編集に成功 細胞分化制御やDNA組換えを伴わない遺伝子治療などへの応用に期待 近畿大学 生物理工学部(和歌山県紀の川市)遺伝子工学科 准教授の山縣一夫、北里大学 メディカルセンター(埼玉県北本市 ...

2017/5/23
最高の超伝導転移温度(Tc)を持った鉄系超伝導物質の新たな特徴を発見(飯村壮史助教)

最高の超伝導転移温度(Tc)を持った鉄系超伝導物質の新たな特徴を発見 東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の飯村壮史助教、元素戦略研究センターの松石聡准教授、細野秀雄教授、岡西洋志大学院生(現デロイト ...

2017/5/17
葉緑体増殖の基礎的しくみを解明(岩﨑博史教授)

葉緑体増殖の基礎的しくみを解明 ―葉緑体分裂・増殖時にDNA分配を制御する酵素の発見― 植物は光合成により二酸化炭素を固定し酸素を放出するとともに、有機物を合成し地球上のほとんど全ての生命活動を支えています。光合成はDN ...

2017/5/15
細野秀雄教授が英国王立協会(The Royal Society)の外国人会員に選出されました

科学技術研究創成院 フロンティア材料研究所の細野秀雄教授・元素戦略研究センター長が、5月5日付けで英国王立協会(The Royal Society)の外国人会員に選出されました。 詳細はこちらをご覧ください。 新フェロー ...

2017/5/8
第75回日本金属学会功績賞を受賞(大場史康 教授)

フロンティア材料研究所 大場 史康教授が、第75回日本金属学会功績賞を受賞されました。 受賞研究業績は、「先進計算科学による格子欠陥の構造・機能解明と新物質探索」です。 詳細はこちらをご覧ください。

2017/5/8
第26回日本MRS年次大会奨励賞を受賞(赤松寛文 元助教)

フロンティア材料研究所 赤松寛文 元助教(現 九州大学院工学研究院応用化学部門(機能) 准教授)が第26回日本MRS年次大会において奨励賞を受賞されました。 受賞論文は、「表現理論と第一原理計算に基づいたPbTiO3にお ...

2017/4/28
新アンモニア合成プロセス実用化へ(細野秀雄教授)

新アンモニア合成プロセス実用化へ ―細野秀雄教授 味の素、UMIと新会社― 味の素株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 西井孝明)およびユニバーサル マテリアルズ インキュベーター株式会社(以下「UMI」)(本社 ...

2017/4/25
化学生命科学研究所 今村壮輔 准教授が長瀬研究振興賞 受賞

今村壮輔 准教授が「微細藻類における油脂生合成の基本制御系の解明と応用」で長瀬研究振興賞を受賞されました。 長瀬研究振興賞 受賞日: 2017年4月21日 受賞者: 今村壮輔 准教授 業績題目: 微細藻類における油脂生合 ...

2017/4/20
植物のエピジェネティクス変化をリアルタイムに捉えることに成功(木村宏教授)

植物のエピジェネティクス変化をリアルタイムに捉えることに成功 ―マウスの抗体の一部が生きた植物細胞内でも抗原を認識した― 東京理科大学 理工学部 応用生物科学科 松永幸大教授、坂本卓也助教、栗田和貴大学院生、理化学研究所 ...

2017/4/18
藻類オイル抽出残渣から化学品原料の合成に成功(今村壮輔 准教授)

藻類オイル抽出残渣から化学品原料の合成に成功 ―藻類バイオマスを徹底的に活用する技術を確立― 東京工業大学 物質理工学院 応用化学系の山口渉助教と科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の今村壮輔准教授らは、藻類からオイル ...

2017/4/17
文部科学大臣表彰で「若手科学者賞」を受賞(松田和浩 元助教)

フロンティア材料研究所 松田 和浩 元助教(現 名城大学 理工学部 建築学科 准教授 )が、文部科学大臣表彰で「若手科学者賞」を受賞されました。 受賞業績は、「木質制振建物の動的挙動解明と合理的設計法整備に関する研究」で ...

2017/4/17
科学技術創成研究院の准教授2名が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰で「若手科学者賞」を受賞

科学技術分野の文部科学大臣表彰とは、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、もって我が国の科学技術水準の向上に寄与するこ ...

2017/4/13
先導原子力研究所 加藤 之貴教授らが平成28年度手島精一記念研究賞(発明賞) を受賞

加藤 之貴教授らが『ケミカルヒートポンプ』で平成28年度手島精一記念研究賞(発明賞) を受賞されました。 東工大 研究推進部 授与式

2017/4/13
化学生命科学研究所 植木紀子 研究員らが平成28年度手島精一記念研究賞(研究論文賞) を受賞

植木紀子 研究員、井手隆広 研究員、若林憲一 准教授、久堀徹 教授、小林勇気 助教、田中寛 教授らが『Eyespot-dependent determination of the phototactic sign in ...

2017/4/13
化学生命科学研究所 吉田啓亮 助教が平成28年度末松賞受賞

吉田啓亮 助教が「植物細胞核におけるレドックス制御システムの実態解明」で平成28年度末松賞を受賞されました。 受賞日: 2017年2月14日 受賞者: 吉田啓亮 助教 業績題目: 植物細胞核におけるレドックス制御システム ...

2017/3/29
脱ユビキチン化酵素の基質特異性を改変することに成功(駒田雅之教授)

脱ユビキチン化酵素の基質特異性を改変することに成功 ―複雑なタンパク質の制御機構の一端を解明― 東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究ユニットの川口紘平大学院生(博士後期課程)と駒田雅之教授らは、ヒト細胞の機 ...

2017/3/29
コバルト酸鉛の合成に世界で初めて成功し、新規の電荷分布を発見(東正樹教授)

コバルト酸鉛の合成に世界で初めて成功し、新規の電荷分布を発見 ―鉛、コバルトの両方に他に例のない電荷秩序、イオン価数制御の新手法により機能性酸化物の開発に期待― 神奈川科学技術アカデミーの酒井雄樹常勤研究員、東京工業大学 ...

2017/3/22
シリコンと窒素だけからできた硬い透明セラミックスを合成(西山宣正特任准教授)

シリコンと窒素だけからできた硬い透明セラミックスを合成 ―空気中で1,400 ℃の耐熱性、過酷な条件下の光学窓材に応用可能― 東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の西山宣正特任准教授(研究実施時はドイ ...

2017/3/1
新触媒で糖由来化合物から欲しいものだけを合成(原 亨和 教授、鎌田 慶吾 准教授)

新触媒で糖由来化合物から欲しいものだけを合成 ―バイオマス資源から有用化成品製造への応用に期待― 原亨和教授と鎌田慶吾准教授ら研究グループは、高温高圧の熱水中で合成する水熱法により得られた単斜晶構造をもつリン酸セリウム( ...

2017/2/7
科学技術創成研究院内のワールド・リサーチ・ハブ・イニシアティブ(WRHI)

東工大の研究力 ―ワールド・リサーチ・ハブ・イニシアティブ始動― 東京工業大学は2016年4月より、教育改革と併せて研究改革をスタートした。主な研究所を統合した「科学技術創成研究院」を創設し、その傘下に「研究所」「研究セ ...

2017/2/3
アジア太平洋物理学会連合C.N.Yang賞を受賞(笹川 崇男 准教授)

笹川 崇男准教授がアジア太平洋物理学会連合C.N.Yang賞を受賞されました。 本賞は、アジア太平洋物理学会連合 (AAPPS: Association of Asia Pacific Physical Societie ...

2017/1/17
有機ELディスプレイの電子注入層と輸送層用の新物質を開発(細野秀雄教授)

有機ELディスプレイの電子注入層と輸送層用の新物質を開発 ―有機ELディスプレイの製造への活用に期待― 細野秀雄教授らは、国立研究開発法人 科学技術振興機構(以下、JST)戦略的創造研究推進事業において、有機エレクトロニ ...

2017/1/10
室温で強磁性・強誘電性が共存した物質を実現(北條 元 元助教、東 正樹 教授)

室温で強磁性・強誘電性が共存した物質を実現 ―低消費電力・超高密度磁気メモリー開発に道― 東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の北條元・元助教(現九州大学 総合理工学研究院 准教授)、東正樹教授、名古 ...

2017/1/5
混ぜるだけで迅速に水溶液中のたんぱく質凝縮に成功(野島達也特任助教・彌田智一教授)

混ぜるだけで迅速に水溶液中のたんぱく質凝縮に成功 ―新たな高濃度たんぱく質材料で医薬品開発に期待― JST戦略的創造研究推進事業において、東京工業大学 科学技術創成研究院の野島達也特任助教と彌田智一教授らの研究グループは ...

2016/12/16
光ファイバーセンサーの超高速化に成功(水野洋輔助教・中村健太郎教授)

光ファイバーセンサーの超高速化に成功 ―社会インフラの劣化や損傷の迅速な検出、ロボットの「神経」利用に期待― 未来産業技術研究所の水野洋輔助教と中村健太郎教授は、日本学術振興会特別研究員PDの林寧生博士、ファナック株式会 ...

2016/12/8
原子のようにふるまうナノカプセルを結合(アルブレヒト(山下)建助教・山元公寿教授)

原子のようにふるまうナノカプセルを結合 ―ナノ材料の配列制御へ― 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所のアルブレヒト(山下)建助教、山元公寿教授らの研究グループは、同大学 フロンティア材料研究所の東康男助 ...

2016/12/8
副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結(布施新一郎准教授・御舩悠人大学院生・中村浩之教授)

副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結 ―抗HIV抗菌ペプチドの大量生産に道― 東京工業大学 科学技術創成研究院の布施新一郎准教授、御舩悠人大学院生、中村浩之教授、物質理工学院の田中浩士准教授は、非常に副反 ...

2016/12/7
微細化によるシリコンパワートランジスタの高効率化に成功(筒井一生教授)

微細化によるシリコンパワートランジスタの高効率化に成功 ―電力制御システムの飛躍的高効率・低コスト化に新たな道― 東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所の筒井一生教授らは、シリコンによる電力制御用の絶縁ゲー ...

2016/11/15
カーボンナノチューブを使い、折れ曲がるテラヘルツカメラを開発(河野行雄准教授)

カーボンナノチューブを使い、折れ曲がるテラヘルツカメラを開発 ―非破壊・非接触検査における新たな手法として期待― 東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所の河野行雄准教授らの研究グループは、カーボンナノチュー ...

2016/11/14
マイクロプロセッサの待機時電力を大幅に削減する新技術を開発(菅原聡准教授)

マイクロプロセッサの待機時電力を大幅に削減する新技術を開発 東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所の菅原聡准教授らの研究グループは、マイクロプロセッサやシステムオンチップ(SoC)のコア(演算を行うプロセッ ...

2016/11/2
大隅良典栄誉教授が平成28年度文化勲章を受章

10月28日、大隅良典栄誉教授が、平成28年度文化勲章を受章することが決定しました。 詳細はこちらをご覧ください。

2016/10/20
半導体トランジスタ中の欠陥でコヒーレンス制御に成功(小田俊理教授・テノリオ・パール・J・O特任助教)

半導体トランジスタ中の欠陥でコヒーレンス制御に成功 ―ノイズの原因だった欠陥から新たな現象を発見― 東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 量子ナノエレクトロニクス研究コアの小田俊理教授、テノリオ・パール・ ...

2016/10/12
反応効率が10倍以上の低温アンモニア合成触媒を開発(細野 秀雄教授、原 亨和教授)

日刊工業新聞は10月10日付朝刊で、東京工業大学 細野 秀雄教授、原 亨和教授、北野 政明准教授、高エネルギー加速器研究機構の阿部 仁准教授らが、従来の触媒に比べ反応効率が10倍以上の低温アンモニア合成触媒を開発したと報 ...

2016/10/7
ラン藻による有用物質の大規模生産に道を拓く(久堀徹教授・肥後明佳特任助教)

ラン藻による有用物質の大規模生産に道を拓く ―高価な誘導剤使わずに遺伝子発現を誘導するネットワークを構築― 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の久堀徹教授と肥後明佳特任助教(JST・CREST研究員)ら ...

2016/9/27
日本ファインセラミックス協会設立30周年記念講演会の開催

日本ファインセラミックス協会(JFCA)は、11月10日(木)東京都港区のTKPガーデンシティ品川において、設立30周年を記念する講演会を開きます。本学東正樹教授が「Roadmap2050について」をテーマに講演を行いま ...

2016/9/27
化学生命科学研究所 宍戸厚 教授が2016年度日本液晶学会論文賞受賞

宍戸厚 教授が「Laser-pointer-induced self-focusing effect in hybrid-aligned dye-doped liquid crystals” Scientif ...

2016/9/21
科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業「CREST」の新規研究課題に採択されました。(笹川崇男准教授)

科学技術振興機構(JST)は、「戦略的創造研究推進事業における平成28年度新規研究課題の決定について(第1期)」をプレス発表しました。 笹川崇男准教授を研究代表者とする課題「トポロジカル量子計算の基盤技術構築」が、研究領 ...

2016/9/14
乳がんを抑制する新たな遺伝子を発見(駒田雅之教授)

乳がんを抑制する新たな遺伝子を発見 ―ヒト乳がんの診断・治療への応用に期待― 東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究ユニットの駒田雅之教授らは、マウスを用いた実験で乳がんの発症を抑制する新たな遺伝子を発見した ...

2016/9/8
化学生命科学研究所 小坂田耕太郎 教授と竹内大介 准教授が関東工学教育協会賞業績賞を受賞

業績名:化学系学生に対する体験型安全教育の実践 受賞日:2016年月5月23日 受賞者:小坂田耕太郎 教授、竹内大介 准教授 詳細はこちらをご覧ください。

2016/9/2
混ぜるだけで簡単に有機エレクトロニクス材料を合成(庄子良晃助教・福島孝典教授)

混ぜるだけで簡単に有機エレクトロニクス材料を合成 ― 新反応により多様なπ共役化合物合成を簡便・低コストで実現 ― 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の庄子良晃助教・福島孝典教授らの研究グループは、典型 ...

2016/9/1
エピジェネティックマークを生体内で観るための細胞内抗体プローブを開発(木村宏教授)

エピジェネティックマークを生体内で観るための細胞内抗体プローブを開発 東京工業大学 科学技術創成研究院の木村宏教授と佐藤優子研究員を中心とした共同研究グループ(早稲田大学、国立遺伝学研究所、大阪大学、近畿大学、中部大学、 ...

2016/9/1
電気分極の回転による圧電特性の向上を確認(北條 元 助教・東 正樹 教授)

電気分極の回転による圧電特性の向上を確認 ―圧電メカニズムを実験で解明、非鉛材料の開発に道― 北條元助教、東正樹教授、清水啓佑大学院生、東京大学大学院 工学系研究科の幾原雄一教授の研究グループは、圧電体の結晶中で、電気分 ...

2016/9/1
重イオン反応による新たな核分裂核データ取得方法を確立(千葉敏教授)

重イオン反応による新たな核分裂核データ取得方法を確立 ― 核分裂現象の解明にも道 ― 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センターの西尾勝久サブリーダー及び廣瀬健太郎研究副主幹らは、東京工業大学 科学技術 ...

2016/8/23
ガラスの新しい物性制御法を開発(細野秀雄教授)

ガラスの新しい物性制御法を開発 ―微量の電子を混ぜただけで、ガラスの転移温度が100℃以上も低下― JST 戦略的創造研究推進事業において、東京工業大学 元素戦略研究センター センター長/科学技術創成研究院の細野秀雄教授 ...

2016/8/5
中性子捕捉療法のための有望なホウ素薬剤を開発(中村浩之教授)

中性子捕捉療法のための有望なホウ素薬剤を開発 ―マウスのがんで、高い治療効果を確認― 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の中村浩之教授らは、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)において、多量のホウ素分子を腫 ...

2016/7/14
オートファジー始動装置の構築メカニズムを解明(大隅良典栄誉教授)

オートファジー始動装置の構築メカニズムを解明 東京工業大学の大隅良典栄誉教授、山本林特任助教(現・東京大学大学院医学系研究科講師)、微生物化学研究会の野田展生主席研究員、藤岡優子研究員らの研究グループは、栄養飢餓などでオ ...

2016/6/23
葉緑体機能の制御に重要な新たな還元力伝達経路(吉田啓亮助教・久堀徹教授)

葉緑体機能の制御に重要な新たな還元力伝達経路 ―二つの経路の協調が光合成や生育に必須― 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の吉田啓亮助教と久堀徹教授は、植物細胞内の機能制御に重要な還元力伝達経路として、 ...

2016/6/22
希少元素を使わずに赤く光る新窒化物半導体を発見(大場史康教授・平松秀典准教授・細野秀雄教授)

希少元素を使わずに赤く光る新窒化物半導体を発見 ―マテリアルズ・インフォマティクスと実験の連携による成果― 東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所/元素戦略研究センターの大場史康教授、平松秀典准教授、細 ...

2016/6/15
高周波圧電共振器の課題を解消する回路技術を開発(伊藤浩之准教授・益一哉教授)

高周波圧電共振器の課題を解消する回路技術を開発 ―IoT時代に向けた無線通信システムの小型化・低コスト化・高速化を実現へ― 東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所の伊藤浩之准教授,益一哉教授らは情報通信研究 ...

2016/5/26
東工大の研究成果を応用し、大型有機ELパネルの効率的な量産に貢献(細野秀雄教授)

東京工業大学と旭硝子株式会社(以下、AGC旭硝子)は、本学 科学技術創成研究院の細野秀雄教授の研究グループが開発した「C12A7エレクトライド(C12A7:e-)」を用いて均一な非晶質薄膜を共同開発しました。AGC旭硝子 ...

2016/5/17
がんの悪性度を検知する「ナノマシン造影剤」を開発(西山伸宏 教授)

がんの悪性度を検知する「ナノマシン造影剤」を開発 東京工業大学科学技術創成研究院の西山伸宏教授(ナノ医療イノベーションセンター主幹研究員)、ナノ医療イノベーションセンター 片岡一則センター長(東京大学政策ビジョン研究セン ...

2016/5/10
藻類の「眼」が正しく光を察知する機能を解明(植木紀子研究員・井手隆広研究員(現・理研CDB研究員)・若林憲一准教授)

藻類の「眼」が正しく光を察知する機能を解明 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の植木紀子研究員、井手隆広研究員(現・理研CDB研究員)、若林憲一准教授らの研究グループは、単細胞緑藻クラミドモナスが示す走 ...

2016/4/18
紙おむつの材料から新しいカルシウムセンサーを開発(石割文崇助教・福島孝典教授)

紙おむつの材料から新しいカルシウムセンサーを開発 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所(旧資源化学研究所)の石割文崇助教、福島孝典教授らの研究グループは、東京大学の染谷隆夫教授、奈良県立医科大学の西真弓教 ...

2016/4/11
原始紅藻シゾンでアブシシン酸が機能(小林勇気助教・田中寛教授)

原始紅藻シゾンでアブシシン酸が機能 ―植物ホルモン獲得のルーツを解明― 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の小林勇気助教と田中寛教授らは、最も原始的な植物である単細胞性の原始紅藻「シゾン」[用語1]が、 ...

2016/3/28
科学技術創成研究院が創設されました.

組織構成はこちらをご覧ください。

Copyright © Institute of Innovative Research, Tokyo Institute of Technology All Rights Reserved.