組織構成

» – 研究所
- 研究所

未来産業技術研究所

機械工学,電気電子工学,金属工学,情報工学,環境工学,防災工学,社会科学,化学工学,物理工学等の異分野融合により,その時代に適応する新たな産業技術を創成し,豊かな未来社会の実現に貢献します.理工学研究分野を中心に工業社会学,経済学,法学等,人文社会学分野をも含めた異分野融合研究を展開すると共に,「豊かな未来社会の実現に貢献する新たな産業技術を創成する科学技術研究」を研究対象領域とします.

 

 

フロンティア材料研究所

本研究所では,多様な元素から構成される無機材料を中心とし,金属材料・有機材料などの広範な物質・材料系との融合を通じて,革新的物性・機能を有する材料を創製します.多様な物質・材料など異分野の学理を融合することで革新材料に関する新しい学理を探求し,広範で新しい概念の材料を扱える材料科学を確立するとともに,それら材料の社会実装までをカバーすることで種々の社会問題の解決に寄与します.

 

 

化学生命科学研究所

化学生命科学研究所では,分子科学を基盤とする化学の諸領域ならびに生命科学分野を包括する四つの領域(分子創成化学・分子組織化学・分子機能化学・分子生命化学)で構成される研究体制を基盤として,国内外の知を結集することで新学理の創出と,新物質観の形成を目指して研究を行います.これにより,次世代科学技術の創出を実現し,人類の高度な文明の進化と,より豊かで持続可能な社会の具現化に貢献することを目的としています.

 

 

先導原子力研究所

原子力に関わる学理を追求するとともにその応用研究を先導し,世界の持続的発展への貢献を目指します.エネルギー問題と二酸化炭素排出による 地球環境問題の解決,原子力の平和的な利用に向けた基盤研究を進めると共に,ミッション主導研究として革新的原子力システム研究,アクチノイ ド・マネージメント研究,グローバル原子力セキュリティ研究,高度放射線医療研究を推進します.さらに国の重要課題である,福島原発事故から の回復に向けた原子炉廃止措置,環境汚染回復などの研究に取り組みます.

 

 

PAGETOP
Copyright © Institute of Innovative Research, Tokyo Institute of Technology All Rights Reserved.