科学技術創成研究院 未来産業技術研究所の小山二三夫教授(科学技術創成研究院長)が、「第27回(2018年度)大川賞」を受賞することが決定しました。

大川賞は情報・通信分野における研究、技術開発および事業において顕著な社会的貢献をした研究者の労に報い、その功績を表彰すると共に、情報・通信分野のさらなる発展と啓蒙に寄与することを目的とした国際賞です.原則として日本人の研究者1名、海外の研究者1名の2名を表彰することになっており、今回は、米国カリフォルニア大学バークレイ校工学部副学部長電気工学・計算機科学科ジョン・R・ウィナリー卓越首席教授、清華大学-UCバークレイ深圳大学院大学共同院長のコンスタンス チャン-ハスナイン教授と同時に表彰されます。


小山二三夫教授のコメント:
面発光レーザーは、本学の伊賀健一名誉教授が1977年に発明した半導体レーザーで、近年、インターネットや携帯端末の普及により、データセンター内の大規模光インターコネクト、高精細レーザープリンタ、携帯端末での3D光センサなど、その応用分野は多岐にわたり、IoTの進展により、さらに研究開発が加速されています。今回の受賞は、恩師の末松安晴先生と伊賀健一先生のご指導と、これまで一緒に研究を進めてきた同僚の研究者、大学院学生など、多くの方々のご努力と貢献によるもので、深く感謝したいと思います。永年にわたる友人でもある、カリフォルニア大学バークレイ校のChang-Hasnain教授と同時に受賞できることは、この上ない光栄と喜びです。これからも、この受賞を励みに、東工大の強みと伝統を活かして、今後も研究に邁進していきたいと思っています。

贈呈式は、11月7日に東京で行われる予定です。
なお、本学関係者としては、第11回に飯島泰藏名誉教授、第15回に末松安晴栄誉教授、第22回に古井貞熙栄誉教授が同賞を受賞しています。大川賞受賞者者一覧icon_site

Laboratory for Future Interdisciplinary Research of Science and Technology
フォトニクス集積システム研究コア