骨形成における転写ネットワークの解明
  • 講師: 北條 宏徳(東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター)
  • 日時: 2018年3月2日(金) 16:30-17:30
  • 場所: 北二号館6階会議室
  • 概要:
    骨形成は、進化の過程で脊椎動物が獲得した機能の一つであり、骨格の形成・維持やミネラルの貯蓄に必須である。遺伝学の発展に伴い、脊椎動物において骨形成に必須な転写因子群が同定されてきたが、それらを介した転写制御機構については十分に明らかになっていない。また、放射線の骨形成に対する影響も不明な点が多い。我々は、次世代シーケンサーを用いたゲノムワイド解析により、骨形成における転写ネットワークの解明を目指している。本講演では最近の研究成果を紹介するとともにゲノムと脊椎動物進化との関連についても議論したい。
  • icon_site詳細はこちらをご覧ください。