新たな発光材料の可能性を拓く「ナノコンポジット蛍光体」を開発
―蛍光体探索の新たな道筋を示す―

株式会社小糸製作所(社長:三原弘志)は、東京工業大学(学長:三島良直)の細野秀雄教授の研究グループ、名古屋大学(総長:松尾清一)の澤博教授の研究グループとの共同研究の結果、空気中ですぐに潮解してしまうヨウ化カルシウムを用い、優れた耐久性と高い発光性能を持つ「ナノコンポジット蛍光体」の開発に成功しました。
蛍光体は、白色LED、蛍光灯など、私たちの身の回りの光源に使われています。従来の蛍光体は、希土類イオンを微量添加(ドープ)した酸化物、または、窒化物化合物の単一組成の無機粉末で構成されていました。今回開発されたナノコンポジット蛍光体は、1つの粒子の中に異なる2つの成分(ヨウ化カルシウムとクリストバライト)が存在する新しいタイプの蛍光体です。

詳しくはicon_site東工大ニュースをご覧ください。

フロンティア材料研究所
細野・神谷・平松・片瀬研究室
細野秀雄
松石 聡