建設通信新聞は10月27日付の紙面で、山田哲教授を統括とした建築・都市防災・センシング・人間科学など異分野融合研究グループが、科学技術振興機構(JST)産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)の支援を得て、「社会活動継続技術共創コンソーシアム」を立ち上げたと報じました。

  • 掲載新聞:建設通信新聞
  • 掲載年月日:2017年10月27日
  • 掲載面:2面

12月20日には、東工大蔵前会館くらまえホールでコンソーシアム設立のキックオフシンポジウムが開かれる予定です。

icon_site詳細はこちらをご覧ください。

山田研究室
東工大ニュース「大規模都市建築を対象とした社会活動継続技術共創コンソーシアム発足」