• 開催日時: 2017年09月28日 13:30 -14:30
  • 開催場所: R3棟1階 会議室
  • 講師: 上杉 健太郎 博士 (高輝度光科学研究センター)
  • 演題: “高分解能放射光X線イメージング技術の現状と今後”
  • PDFプログラム
  • 講演概要:
    X線を材料観察に使う最大の理由はその透過力であろう。最近のX線顕微鏡技術の発展により、数十ミクロンからミリメートルの試料サイズの3次元内部情報をサブミクロンスケールで取得出来るようになった。いくつかの放射光施設ではX線CT計測において100nmの空間分解能を達成することも珍しくない。温度や圧力を変化させるその場観察も行われる様になってきた。本講演では大型放射光施設SPring-8における装置開発や利用研究の現状を示すと共に、今後どのような利用研究が可能となるかを示す。

icon_site詳細はこちらをご覧ください。

主催 フロンティア材料研究所
連絡先 若井・西山研究室