室温で強磁性・強誘電性が共存した物質を実現
―低消費電力・超高密度磁気メモリー開発に道―

東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の北條元・元助教(現九州大学 総合理工学研究院 准教授)、東正樹教授、名古屋工業大学の壬生攻教授らの研究グループは、セラミックス結晶中に磁石の性質(強磁性)と電気を蓄える性質(強誘電性)が室温において共存することを確認した。室温での両性質の共存は、鉄酸ビスマスを用いた次世代磁気メモリー実現のための鍵として注目されていながらも、磁性不純物の影響により、これまで本質的であると実験で確認されたことはなかった。

詳しくはicon_site東工大ニュースをご覧ください。

研究成果は、ドイツの材料系科学誌「Advanced Materials」のオンライン版で12月21日に公開されました。
icon_site詳細はこちらをご覧ください。

東正樹教授
東研究室