混ぜるだけで迅速に水溶液中のたんぱく質凝縮に成功
―新たな高濃度たんぱく質材料で医薬品開発に期待―

JST戦略的創造研究推進事業において、東京工業大学 科学技術創成研究院の野島達也特任助教と彌田智一教授らの研究グループは、界面活性剤を加えると、水溶液中のたんぱく質が構造と機能を保ったまま集合する現象(分子集合現象)を発見し、この新たな現象を利用して、たんぱく質を多く含む液状物質である「たんぱく質凝縮体」の開発に成功しました。

詳しくはicon_site東工大ニュースをご覧ください。