カーボンナノチューブを使い、折れ曲がるテラヘルツカメラを開発
―非破壊・非接触検査における新たな手法として期待―

東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所の河野行雄准教授らの研究グループは、カーボンナノチューブを利用したフレキシブルなテラヘルツ帯[用語1]撮像デバイス(カメラ)を世界で初めて開発した。このデバイスを用い、注射器やペットボトルといった360度歪曲した物体に対しても、内部の破損・異物混入を瞬時に撮像することに成功した。また人体に装着したまま画像観測を行うためのウェアラブルデバイスも製作した。

詳しくはicon_site東工大ニュースをご覧ください。

icon_site未来産業技術研究所