先導原子力研究所 (特任)助教 教員公募
公募人数 1名
所属 東京工業大学 科学技術創成研究院 先導原子力研究所
専門分野 原子力熱流動・熱流体
応募資格 博士学位を有する方または着任までに博士学位取得見込みの方で,研究と教育に熱意のある方
日本語・英語で指導が出来る方
職務内容 主に,原子力熱流動工学・熱流体工学,廃止措置工学などを専門とする研究 大学院生・学部生への研究指導・教育
勤務予定地 東京工業大学 科学技術創成研究院 先導原子力研究所 (東京都目黒区大岡山)
勤務時間 週 38 時間 45 分(裁量労働制)
給与形態 年俸制
雇用形態 本学が申請中の補助金(*)の採択状況により,以下の(1)と(2)のどちらかになる(※)
(1)補助金が採択された場合
【補助金で雇用する特任教員】
(2)補助金が採択されなかった場合
【専任教員】
勤務形態: 特任教員(特任助教)
(専任教員と同等の待遇/任期3 年以内)
※所定の手続きを経て,採用後1~3 年目に専任教員へ切り替える。(切替後の任期は5 年以内・再任の可能性有り・ただし通算10 年以内)
専任教員(助教)
(任期5年以内・再任の可能性有り・ただし通算10 年以内)
給 与: 本学有期雇用職員就業規則に基づき,専任の助教として採用された場合に受けることとなる年俸額を基礎として,専任の助教との均衡を考慮して決定する。 本学年俸制適用職員賃金規則による。
そ の 他: 平成29 年3 月末時点で39 歳以下の方(当該補助金は若手研究者(40 歳未満)の雇用促進を目的としており,雇用対策法施行規則第1 条の3 第1 項例外事由3 号ニに該当)詳細は,本学総務部人事課(jin.kik@jim.titech.ac.jp)まで,お問い合わせください。@を小文字にしてお送りください。  
着任予定 決定後できるだけ早い時期(原則平成28 年度中)  
応募締切 平成28 年10 月31 日(月)必着
選考方法 書類選考の後,面接をお願いする場合があります。
応募書類
  1. 履歴書(様式は市販履歴書に準じ,写真貼付けのこと)
  2. 業績リスト(査読付き学術誌論文,国際会議録(査読の有無で分けて記載),著書,解説・総説,特許等に分類し,全著者名を掲載順に記載のこと。ただし,著者が多数の場合,主要著者を数名記載し,以下を省略しても可。省略する場合は全著者数と応募者名の掲載順を「○番目」と記入。また,科学研究費補助金等の競争的資金の獲得実績があれば,制度名,研究課題,実施期間,予算額(本人配分額),代表者・分担者の区別等を含めて記載のこと。
  3. 主要論文別刷り3 編以内(コピー可)
  4. これまでの研究業績の内容(A4 版2 枚程度)
  5. 採用された場合の研究及び教育に対する抱負(A4 版2 枚程度)
  6. 申請者に関して意見を伺える方2名の氏名,所属,職名,電話番号,メールアドレス

注:選考の過程で必要が生じた場合,追加して書類を提出していただくことがあります。

書類提出方法 封筒表面に「教員公募応募書類(先導原子力研究所特任助教)」と朱書きし,簡易書留で郵送のこと。
全提出書類の印刷版に加えてそのPDF ファイルが書き込まれたCD-ROM またはUSB メモリ(氏名を明記)を応募書類に同封して下さい。
電子メールでの添付ファイルによる提出は受け付けません。応募書類は返却いたしません。
書類送付先 〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1-N1-16
東京工業大学 科学技術創成研究院 先導原子力研究所 事務室 宛
問合せ先 東京工業大学 科学技術創成研究院 先導原子力研究所
准教授 木倉宏成
メールアドレス:E-mail: kikura@lane.iir.titech.ac.jp 電話:03-5734-3058
その他 本学着任に際して,スタートアップのための経費支援を行う学内制度があり,その制度を利用できる可能性があります。
  1. 書類選考後に面接をお願いする場合,来訪旅費は原則自己負担になります。
  2. 東京工業大学では,多彩な人材を確保し,大学力・組織力を高めるため,全ての研究分野において,外国人や女性の参画する均等な機会を確保します。
  3. 個人情報はこの採用のためだけに用い,他の目的には使用しません。
  • ※この公募は,国立大学改革強化推進補助金(特定支援型「優れた若手研究者の採用拡大支援」*)により雇用予定です。所定の手続きを経ることで,採用後1~3年目に専任教員への切り替えを予定しています。なお,当該補助金に採択されなかった場合は,大学独自予算により,採用当初から専任教員として雇用する可能性があります。
  • *特定支援型「優れた若手研究者の採用拡大支援」(文部科学省予算)「国立大学改革プラン」におけるシニア教員から若手・外国人へのポスト振替等を進める意欲的な大学への積極支援に加えて,「国立大学経営力戦略」においては,活力ある教育研究を持続的に保証するという観点から,中長期的な視野に立って教員の年齢構成の是正を図り,若手が活躍できる,安定性ある環境を整備する,とされている。以上のようなプラン・戦略を受けた若手研究者のポスト拡大のための取組について,集中的・重点的支援を行う。

PDF詳細はこちらをご覧ください。(PDF)

その他 教員公募はこちら