高周波圧電共振器の課題を解消する回路技術を開発
―IoT時代に向けた無線通信システムの小型化・低コスト化・高速化を実現へ―

東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所の伊藤浩之准教授,益一哉教授らは情報通信研究機構(NICT)と共同で,無線機の性能を決める重要な要素回路である発振器において,高周波圧電共振器の周波数ばらつきなどの課題を解決する新アルゴリズムに基づく回路技術を開発した.
信号の時間軸の揺らぎを示すジッタ特性において極めて優れた180fs RMSを達成し,小数点分周位相同期回路(PLL)としては世界トップクラスの性能を実現した.
本研究成果により,外付け部品である水晶発振器を,集積回路に内蔵可能な高周波圧電共振器に置き換えることが可能となり、IoT時代に向けた無線通信システムの小型化・低コスト化・高速化に大きく貢献した。

詳しくは「東工大ニュース」をご覧ください。

icon_site未来産業技術研究所